看取りについて

人は誰しも、最後がきます。

その時、どのように過ごすのか、どこで過ごしたいのか、さまざまな事があるかと思います。



終末期をどこで迎えるか
高齢者にとって、最後を迎えるのは病院か自宅かは重要な問題です。介護.netでは特に自宅で終末期を看取る場合の条件、終末ケアの目的などを掲載しています。在宅か病院かは、本人の気持ちを尊重しながら家族は判断してあげるのがよいでしょう。



終末期を安らかに迎えるために
終末期のケアとしてお年寄りのまわりの環境を整え、医師と連携して精神面や医療面など総合的なケアが必要になります。また、体を清拭してあげたり、鎮痛剤の服用、たんの吸引など、高齢者の終末期のケアはできるだけのことをしてあげる必要があります。



終末期を迎えた高齢者との接し方
死期を迎えたお年寄りの気持ちの理解、老人の精神的苦痛の取り除きかたを紹介しています。高齢者の心残りを解消してあげることが大切です。また、介護者自身も「死」を看取ることを覚悟する必要があります。



臨終の兆候と介護
臨終が近づくと、特有の兆候が見られます。兆候にあわせて最後のケアをしてあげましょう。ケアの仕方を掲載しています。高齢者が臨終をできるだけ楽に迎えられるようにしてあげるのが家族の務めです。話かけることもわすれないでください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック