画像

高齢者共同住宅ありっつも

アクセスカウンタ

画像
札幌市 高齢者住宅・有料老人ホーム一覧
中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

zoom RSS 「どか食い」を抑える10の方法

<<   作成日時 : 2013/04/29 10:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

やたらチョコレートやポテトチップスが食べたくなる、食べだしたら止まらない、そんな時は、この方法を試してみよう。


1.「どうしても食べたいもの」を食べない

「その食べ物を食べるから、もっと欲しくなる。数日間、それを我慢してみて。効果はすぐ表れる」と、マルシア・チェラット博士。彼女の実験では、5日間どうしても食べたいものを我慢すれば、さほど欲しくなくなるという。


2.思い切って捨てる

例えば、クッキーを食べ出したら止まらない、という場合。思い切って、全部捨てよう。ただ捨てるだけでなく、水をかけたりして食べられないようにすると効果的。欲求をコントロールした、という達成感を感じられるはずだ。この際、「もったいない」とは思わないこと。ゴミ箱行きにならないクッキーは、全部あなたのぜい肉になる。


3.水+ナッツで乗り切る

「ああ、●●が食べたくて死にそう」と思ったら、水を2杯とナッツをひとつかみ(くるみなら6個、アーモンドなら12個、もしくはピーナツ12個)食べて、20分待つ。


4.熱いコーヒーを飲んで、気分を紛らわす

熱いコーヒーならなかなか飲むことができないので、その間食べ物のことを忘れて過ごせる。


5.気分転換をする

ストレスは、どか食いの原因になりやすい。深呼吸したり、リラックスできる情景を思い浮かべたり、音楽を聴いたりして、穏やかな気分になろう。


6.昼寝をする

疲れると、食に走りやすい。疲れたら仮眠をしよう。


7.口の中をスッキリさせる

歯磨きしたりマウスウォッシュをすると、「せっかく口の中がスッキリしたんだから食べないようにしよう」と思うもの。


8.10分だけ待ってみる

おなかがすいてないのに、どうしても●●が食べたい、という欲求は、大抵10分でおさまる。友達に電話をしたり、エクササイズや雑用をするなど、別のことに注意を向けながら、10分待ってみよう。


9.時々なら、大丈夫

どうしてもアイスクリームが食べたい、という時は、時々少しだけ食べてもいい。食べたい時に、少しだけ買って食べるのがコツ。大人買い、と言ってまとめ買いするのはやめよう。


10.「無礼講の日」も必要

「このパン屋さんには絶対寄らない」と決めていても、大好きなクリームパンを見るとつい……。もしもその分ほかの食べ物を控えられるなら、一日くらい「禁止の食べ物」を解禁してもOK。


※当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
画像
画像

リンク集

特別養護老人ホーム
介護老人保健施設
指定介護療養型医療施設
グループホーム

「どか食い」を抑える10の方法 高齢者共同住宅ありっつも/BIGLOBEウェブリブログ
画像
文字サイズ:       閉じる